メイク後の乾燥には要注意 リキッドファンデでカサカサ解消

カサカサ乾燥が気になる季節には、パウダーファンデからリキッドファンデーションにチェンジしてます。

 

本当は、1年中パウダータイプを使用したいのですが、どうもカサカサになりやすくなったのでやむなくリキッドタイプに切り替えました。

 

何といっても、肌に一番悪いのが乾燥させる状態だそうで、紫外線のダメージを直撃することにもなるばかりか、肌の老化をどんどん進めているのと同じなんだそうですよ。

 

これではスキンケアに力を注いでいても全く意味がないと悟りまして、リキッドタイプかクリームタイプどちらにしようとしばらく悩みましたね。

 

そもそも肌負担が少ない方が良いという考えでパウダーを愛用していましたから、肌にピタッと密着する液状は抵抗がありました。
で気になるリキッドとクリームタイプのファンデーションサンプルを頂いて、まずは手の甲につけて石鹸でどの程度落とせるのか実験してみました。

 

というのも、パウダーなら石鹸で簡単に落とせていたので基本的にべースメイクはクレンジング剤を使用していません。
特に肌トラブルもないので私には向いていますし、クレンジング剤を毎日使用するほうが肌の調子が悪いのです。
ガッツリ濃いめに塗りたくった日には、乳液をプラスしてますけど、それでも十分落とせる感じです。
敏感肌なのでで、肌に負担がなく安上がりにスキンケアできるのでお肌に合えば挑戦してもらいたい方法ですね。

 

で手の甲に出して、より伸びが良いもの、色味が首と同じもの、落としやすいもの、値段を考慮してから選んだのがリキッドタイプのファンデーションです。

 

リキッドだけどナチュラルに見え、素肌っぽく仕上がりますし、気になっていた乾燥が感じなくなりました。
オイルとなじませて使ってみると、ツヤツヤ感がアップしてお肌がキレイと褒められることもあります。
夏の季節でツヤツヤしていると暑苦しいと思うのですが、冬場のツヤというのは魅力的に見えるようですね。

 

しかも気にしていた肌負担もないように思います。
ぬった感があり、皮膚呼吸などの何かしらの影響があるのではと心配もしましたが、肌荒れすることもないですし、赤みが出ることも今のところありません。
かなりの敏感肌で、合わない物をつければブツっと出来物が翌日に表れるほどですから私の肌は正直に反応してくれていますよ。

 

石鹸のみでは少し心配なので乳液でメイクをなじませたら、シャワーでざっと流しふき取り化粧水で油分をふき取るか、石鹸で軽く洗って終わりです。