私のお気に入りはママバター

私がファンデーション選びで一番重要視しているのは「石けんで落とせること」です。
肌に一番負担がかかるのはクレンジングだと思っているので、石けんで簡単に落とせるファンデーションを使うようにしています。
ポイントメイクはポイントメイク用のクレンジングで落として、肌のファンデーションは普通の洗顔で落としています。
それでも十分キレイに落ちるので、毛穴に詰まってしまうようなこともありません。

 

とにかく肌に負担にならないことを重視して、私が今使っているファンデーションはママバターのフェイスパウダーです。
厳密にいえばファンデーションではないのかもしれませんが、毛穴もきれいに隠れるし、色むらも整えてくれるので、ファンデーションとして申し分の無い商品です。
特に気に入っているところは、シアバターが5%配合されているので、パウダーなのに乾燥しないところです。
フェイスパウダーなのに、つけたあとにつるつるの肌になれるところがすごいです。
オーガニックラベンダーを配合しているので、とても良い香りがします。
天然ミネラルでできているので、石けんで落とすことができます。
シリコン、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料を一切配合していないところが魅力的です。
また、UVカット効果もありSPF25PA++なので、化粧はしたくないけど日焼けが嫌だという時に、さっと顔に塗ってでかけることができて便利です。

 

ママバターのフェイスパウダーには付属のパフがありますが、私はフェイスブラシを使用しています。
フェイスブラシは無印良品のものです。
付属のパフも品質が良いものですが、どうしてもムラになってしまったり、部分的に濃い部分と薄い部分ができてしまうので、ブラシでささっと肌を撫でるようにしてつけています。

 

ファンデーションをパフやスポンジで叩き込むように塗ると、毛穴の奥まで汚れが入ってしまいそうな気がします。
ブラシを使うことで、ふんわりとのせられるので、肌もきれいに見える気がします。

 

よっぽど肌にトラブルがある人以外は、カバー力の強いファンデーションを使う必要はないと私は思います。
シミなどポイントで気になる部分があれば、コンシーラーで隠すと良いですし、全体の色ムラは化粧下地で整えれば十分です。
そのあとにフェイスパウダーをのせておけば、とてもナチュラルな肌に仕上がります。
厚化粧にならず、自然に毛穴レスの肌になれるのが、ママバターのフェイスパウダーのいいところです。